二人目不妊の実態

世の中には不妊で悩んでいる人も多いと思いますが、意外に多いのが二人目不妊。
その名の通り、一人目の子供は無事妊娠・出産できたけれど、二人目がなかなかできない…というものです。
一般的には、一人目の産後、断乳(卒乳)後に妊活を開始したものの2年以上妊娠に至っていない状態を二人目不妊と定義するようです。

二人目不妊の原因にはいくつかあります。まずは単純に加齢により卵子と精子の質が落ちている(老化している)ということ。特に母体の年齢が高いと妊娠率がどんどん下がることは良く知られています。
一人目が少し落ち着いてから…と、少し期間を開けてから妊活をスタートさせたはいいもののなかなか妊娠に至らず、「こんなことだったらもっと早く二人目妊活をスタートさせておけばよかった」と後悔している人も意外に多いものです。
また、夫婦二人だけのときと違って一人目の子供がいるので、どうしても子育てに追われて妊活が思うように進まないということもあるでしょう。
特に子供が夜泣きをしたりすると、タイミングを取ろうとしてもなかなかうまくいかない…なんてケースもあるかもしれません。
さらに妊活にはストレスは大敵ですが、子育てをしているとどうしてもストレスが溜まってしまい、ホルモンバランスが乱れてしまいがちです。

二人目不妊の悩みで多いのは、あまりその悩みを人に大っぴらに相談できないということ。「一人はいるんだからいいじゃない」という目で見られることも多く、真剣に悩んでいても相談相手が少ないケースが多く見られます。
そして最も辛いと感じるのは、子供の同級生のママさんが妊娠した時ではないでしょうか?
「私も早く子供に弟や妹を作ってあげたいのに、どうして私のところに赤ちゃんはやってきてくれないの…?」と、内心ドロドロした思いをつい持ってしまう人も珍しくありません。
自分は何年も妊活していても妊娠に至らないのに、子供の同級生にどんどん弟や妹が産まれていくと、焦りとともに不安もどんどん大きくなっていってしまいますよね。

このように、二人目不妊は一人目不妊とはまた違ったストレスが色々とたまりがちです。
ただ、やはりストレスというのはどうしても妊活には良い影響は及ぼしません。出来るだけストレスを溜めないよう、普段からストレス解消法をいくつか見つけておくのがおススメですね。
また、以前は妊娠初期に特に摂るべき栄養素だと言われていた葉酸ですが、最近は妊活中から摂ることが勧められています。
葉酸は造血作用があるので、子宮の血流を良くすることで子宮内膜を厚くふわふわにし、受精卵の定着率をアップさせてくれます!
ただ、葉酸は吸収率が低いので、食べ物から摂るよりも葉酸サプリを活用するのがおススメ。最近は葉酸だけでなく鉄分など様々な栄養素も同時に摂れるサプリメントも色々発売されているので、是非お好みの葉酸サプリを選んでみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です